中学の頃の忘れられない彼

私は中学生の時背が低くてよく弄られていました。同じくらいの身長の男の子がいて彼の名前をヨシカズと言います。ヨシカズはいつも私にちょっかいをかけてくる男の子でした。身長はたいして変わらないのにいつも私をチビと言ってきて正直そんな彼が私は嫌いでした。ある時私はヨシカズと放課後2人きりになりました。嫌いなヨシカズと一緒にいるのが嫌で私は早く帰りたかったです。しかしヨシカズは私に突然こう言いました。「俺はお前の事が好き」告白なんてされるの初めてだった私は恥ずかしくて返事が出来ずそのまま帰ってしまいました。次の日学校に行って彼に会うのが気まずいと思っていましたが、ヨシカズはふだん通りに私に接してきてくれて不思議と彼の事が段々気になりはじめました。しかし、1度告白されたのに返事が出来なかった私は今更「私も貴方の事が好き」なんて言える事もなく卒業式を迎えてしまいました。好きな気持ちは隠したまま卒業しようと思っていました。皆がわいわいと話してる中、私は1人で帰ろうとしたところヨシカズに呼び止められました。そして「やっぱりお前の事が好き。返事はしなくていい、俺はこの先ずっと好きでいるからもしお前がおれの事を好きだったら20歳の時に付き合おう」と言われました。私は嬉しくなりました。こんな事を言っていたヨシカズは今はもういません。ペアーズの気になる口コミは?




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です