思春期に見てしまった新世紀エヴァンゲリオンというコミック

わたしが影響を受けたアニメは新世紀エヴァンゲリオンだ。
ミッシリ主人間公の年齢の14才の思春期真っ結局中にこういうアニメが放映されていました。もう20年も前の作品なのですが、
未だに色あせなく自分のオリジナルを作用始めるひとつの条件になった作品だ。
こういうアニメはロボットアニメなのですが、敵をやっつけて行くというような規則のコメントではなく、
死と隣り合わせになりながら14才の選ばれた少年が苦悩しつつ、エヴァンゲリオンという兵器にのぼり敵と戦って行くといコメントで
主人間公共がうじうじしながら生きていくさまを見ていると、おんなじ14才としておんなじことができるのだろうかといった、自分だったらという期待を
常に抱いてみていました。
主人間公共が呟く「逃げちゃダメだ」というワードは未だに私の心に響くワードで何かに逃げようとすると頭の中に響くワードだ。
主人間公共が何のために競り合うかということを考えたときに、普通に状況で生きていくのも同じなのではないかと考えるようになりました。
不快なことってのは多くあること中、一つ一つの悩みと向き合って行く結果、周りの人間に認められまた認めて出向く結果魅力を見出して生きていくというように
練り上げるようになりました。主人間公共がうつうつとした弱々しい少年だったからこそ、自分を重ねて影響されたのでしょう。レッグミラクルの口コミについて




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )