我々葛飾区亀有公園前派出所は最良のライフハック書

俺が最良影響を受けたコミックの一つに「こいつ葛飾区亀有公園前派出所(あだ名:こち亀)」という有名な漫画があります。こち亀は葛飾区の派出所に勤務する両津勘吉という婦警が喜怒哀楽を交えつつ、様々な物事をこなしていくというコメディタッチの作ですが、週刊少年ジャンプにおいて40年間近も連載されており、連載中トータル休載もないという伝説の作でもあります。40年という長い歳月の中で、一つ一つのチャットに各々の時代の趨勢が織り込まれてあり、うりの一つでもあります。
 その見どころに関連して、主人間公の両津勘吉は婦警という公職についているにもかかわらず、自宅が浅草の佃煮屋という自営業を営んでいることもあってか、「自分が愛する就労に目を付けて、サイドジョブをもたらす」という境遇がちらほらとあります。その時に恋人が瞳をつける就労のストーリーや意図、実入りタイプ、橋渡し方法と言うものの中には素晴らしいものが塞がり、とても楽しいだ。
 事例を挙げると、「コンビニエンスストアなどの人並店舗の防衛が問題となっていたため、交番とコンビニエンスストアやドラッグストアなどの人並店舗を一元化させた外観を編み出す。」「懸賞で大量の米が当選した上に、ふと訪れた駄菓子屋の周りにはコンビニエンスストアも無く、競合が予想されるレストランもハンバーガー店頭1店頭しかなかった結果、駄菓子屋にあったもんじゃ焼き用の必勝と米を内容に焼きおむすび店頭を立ち上げ、繁盛させる。」と言うものがあり、ありとあらゆる域にとっても面白い物体となっております。
 大増数の人間間は喜劇として見がちな作ですが、「ライフハック書のひとつ」として確かめるのも面白いのではないかと思います。http://xn--nbk0g1az45z8sk3yirll.net/




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )