素敵な彼女と最後な彼女の記憶を仰る

自分は今まで色んな男子とやり取りをしてきました。
そのほとんどがボディ用でした。
自分はそれでも誰かに愛されたくて色んな男子とお交際をしてました。
その中で至高おみやげに残っていて至高素敵だった妻がいる。
その彼とはページで知り合って電話をする繋がりになって段々電話していくうちに自分が握り締めてる心配を話すことができました。
その心配は誰にも話すことができなくて話しても引かれるんじゃないかという恐怖で話せなかったんです。
でも初めてその心配を言えて泣きながら話をして全て話終わると自分が至高言ってほしかった言葉をかけてもらいました。
先々お前を貫き通したいと言われ付き合うことになりました。
私のことを考えて色々調べてくれて一緒に子ども話所に行ったりしてくれました。
その後もひどく色々なことにサポートをしてくれました。
本来ここまでとめるだろって思いました。
こういう彼とは色々あって別れてしまったんですが今でも尊敬してます。

あとは低質なメンズですね。
自分Noメンズを結構捕まえてしまうので結構だめなやつばっかなんですがその中でも経験に残ってる女々しいメンズの話をしようと思います。
なにが最悪だったかというと離れた後半だ。
自分がはじめ方的に振ったんですが先々理不尽悪口言われてもう二度と連絡してくるなって言われて終わったんですがそのはじめ週後半ぐらいコンタクトが来てやり直さないかなど言われてたりしました。
まぁここまでならいいんですけど先々またコンタクトが来て今度は恋話をされて自分が今好きなお子さんがいるなら自分にコンタクト取り去るのはやめたほうがいいとおもうんだけどと言うと実はその話はウソでお前と話したかったと言われて鳥肌のぼりましたね。
女々しすぎるだろって思いました。
今までで一番不愉快メンズでした。ビルドマッスルHMBを使ってみました。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )