衝撃を受けたマンガというのは死に関する事が多いと選定結果が出ていらっしゃる。

私は、戯画など漫画はそれほど好きではありません。ですが私が唯一、はまって全巻揃えてフォトのフォトまで買ってしまった戯画のことを書きたいと思います。ネーミングは、鋼の錬金術だ。親友から教えてもらい第最初巻を立ち読みしてもう虜になってしまいました。私は、エドワードエルリックが大好きです。特別好物のは『等価やり取り』で『何かを得ようとするためにはそれと同等の対価を支払わなければならない』こういう言葉は、自分の人間生の中でも心に響いた言葉だ。世間人間として、世間の中で暮らししてると全てがこういう言葉の通りなのです。仕事をして賃金を買う。買い出しをしてマネーを支払う。身近でこんなにピッタリ見合う言葉は無いと思ってます。話の中でも、女房を生き返らみたいとして小さいエルリック姉妹は人間体調錬成をしてしまい、エドワードは片腕アルフォンスは体調ごとトータル持っていかれ、もう一度ドアを解く結果エドワードは片足を対価として出金アルフォンスの心だけ奪い返しました。それから、エドワードは幼き天才と言われていきますが、話の中でアルフォンスが『兄さんは天才と言われてるけど兄さんは取り組みという対価を払ってるから今の兄さんが残る』これほど、現代社会に通じる我々のための言葉では無いでしょうか。話は続いていくのですが私は、こういう最初の異変が大好きです。有難い姉妹の間柄。これに勝るのはありません。何回も自分が立ち止まったところテキストを読み返し、気持ちのスウィッチができています。ADHDの子供とは?




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )