Blog


劇場エディション1000年クイーンというなかなか知名度が低い品物について

1999年、不気味な星、ラーメタルが地球に近づきつつありました。都内の起こる
アパートでは、教師をやる雪野弥生が、筑波天文台の雨森指図から
遊星ラーメタルから帰ってきた捜索艇の案内を聞きました。亭主は天文学の睿智
を買われ、天文台のビジネスを手伝ってある。

実は弥生は教師の特徴に変えていますが、かぐや姫の昔から、1000年の間、地球を
見つめてきたラーメタルの使者「1000年女王」だったのです。

その時、イマージェンシー電話が入り、「新1000年女王」から新陳代謝の宣告が伝えられます。
地球にやり記したことがあると物悲しい形相の弥生の前に、窓の外から雨森始が面持ちを
出します。

始は弥生の受け持ちの教え子で、窓ふきのアルバイトをする天文少年だ。入れ大小で
弥生の次女セレンが入ってきて、ラーメタルが地球を奪い盗る内容だと話行なう。
その頃、始の親が、経営するワークショップの炸裂で死んでしまい、叔父の雨森指図の
ところに身を寄せることになりました。

その間にも、ラーメタルは刻束の間と地球に接近しつつあります。木星に近づいた場合
ラーメタルの氷の外殻が溶けラーメタル人間が現われます。暫くして、ラーメタルの
隕石帯が、0数の火の玉となって地球に落下していきます。

都内も壊滅的なパニックに陥りました。始は弥生を助けようとアパートに走ります。
そこで、メンテナンス人間に地中へ案内される。そこは、1000年女王が数世紀前に造った都内
直下の避難要所で、数万の難民の特徴があった。

始は、こういう地中大空洞はノアの方舟と同じように、人間も生き物も乗せたとおり、地球から
脱出できることを聞かされました。

そして、地球は天地地響きし関東平野の外周部に突然、大断層が走り回り壌土がゆっくり
上昇しはじめました。

大空洞船、1000年女王比る「ノアの方舟」が特徴を現わしました。一方、ラーメタルも
大船団を地球に送り、扇動をしかけていきます。

「ラーメタルは何をしようとしているのか女王です自分に何も知らせないで」

女王は暗たんたる気持だ。抵抗は壮絶な品となり次第に地球軍が有利に展開し
ついにラーメタルを乗り切るのです。

始は弥生が亡くなった事を聴き、女王の座敷に入ろうとするが旧1000年女王2人間が
座敷に入ろうとやる「始」を終わり、中にいれてくれません。ラーメタル人間は
亡くなると「ミイラ」になるという事を以前に聞いていたので余計心配です。

その時、始に弥生からの信書を渡されました。信書の条目は、「始の父さんとお母さんを
殺したのは自分だ。」始は衝撃を受けます。ある人間品がおとうさんにドラフト書のものを
焼けるかと問われ、おとうさんは「焼き上げる」と回答し、依頼したのは「ラーメタル人間」
でした。

日数が巡りドラフトの物を作られました、と、同時に大炸裂したのです。作られたものを
破壊指示を出したのは1000年女王(弥生)でした。

機嫌が混乱していた始でしたが、混乱は治まり、始は「父母」の部分に起こった事を
「経験に残す部分」にしました。

そして儀を行なう場合が来ました。棺の中には弥生が納められていました。
しかし面持ち部分だけ見えないようにしています。始だけ出るように
なっています。始は、弥生の面持ちを見ました。始の目から涙が立ち寄りません。

旧1000年女王にお尋ねされました。始は「弥生医者は今までの中で最高峰綺麗な面持ちを
していたよ。」と答えます。それを聞いて「旧1000年女王」の特徴が消えていきます。
それに応じて次々と特徴が消えていきます。そして決め手も消えました。

全てが終わり、幕開けなのです。30歳独身女性は出会いがない!

Continuar leyendo →



我々葛飾区亀有公園前派出所は最良のライフハック書

俺が最良影響を受けたコミックの一つに「こいつ葛飾区亀有公園前派出所(あだ名:こち亀)」という有名な漫画があります。こち亀は葛飾区の派出所に勤務する両津勘吉という婦警が喜怒哀楽を交えつつ、様々な物事をこなしていくというコメディタッチの作ですが、週刊少年ジャンプにおいて40年間近も連載されており、連載中トータル休載もないという伝説の作でもあります。40年という長い歳月の中で、一つ一つのチャットに各々の時代の趨勢が織り込まれてあり、うりの一つでもあります。
 その見どころに関連して、主人間公の両津勘吉は婦警という公職についているにもかかわらず、自宅が浅草の佃煮屋という自営業を営んでいることもあってか、「自分が愛する就労に目を付けて、サイドジョブをもたらす」という境遇がちらほらとあります。その時に恋人が瞳をつける就労のストーリーや意図、実入りタイプ、橋渡し方法と言うものの中には素晴らしいものが塞がり、とても楽しいだ。
 事例を挙げると、「コンビニエンスストアなどの人並店舗の防衛が問題となっていたため、交番とコンビニエンスストアやドラッグストアなどの人並店舗を一元化させた外観を編み出す。」「懸賞で大量の米が当選した上に、ふと訪れた駄菓子屋の周りにはコンビニエンスストアも無く、競合が予想されるレストランもハンバーガー店頭1店頭しかなかった結果、駄菓子屋にあったもんじゃ焼き用の必勝と米を内容に焼きおむすび店頭を立ち上げ、繁盛させる。」と言うものがあり、ありとあらゆる域にとっても面白い物体となっております。
 大増数の人間間は喜劇として見がちな作ですが、「ライフハック書のひとつ」として確かめるのも面白いのではないかと思います。http://xn--nbk0g1az45z8sk3yirll.net/

Continuar leyendo →



思春期に見てしまった新世紀エヴァンゲリオンというコミック

わたしが影響を受けたアニメは新世紀エヴァンゲリオンだ。
ミッシリ主人間公の年齢の14才の思春期真っ結局中にこういうアニメが放映されていました。もう20年も前の作品なのですが、
未だに色あせなく自分のオリジナルを作用始めるひとつの条件になった作品だ。
こういうアニメはロボットアニメなのですが、敵をやっつけて行くというような規則のコメントではなく、
死と隣り合わせになりながら14才の選ばれた少年が苦悩しつつ、エヴァンゲリオンという兵器にのぼり敵と戦って行くといコメントで
主人間公共がうじうじしながら生きていくさまを見ていると、おんなじ14才としておんなじことができるのだろうかといった、自分だったらという期待を
常に抱いてみていました。
主人間公共が呟く「逃げちゃダメだ」というワードは未だに私の心に響くワードで何かに逃げようとすると頭の中に響くワードだ。
主人間公共が何のために競り合うかということを考えたときに、普通に状況で生きていくのも同じなのではないかと考えるようになりました。
不快なことってのは多くあること中、一つ一つの悩みと向き合って行く結果、周りの人間に認められまた認めて出向く結果魅力を見出して生きていくというように
練り上げるようになりました。主人間公共がうつうつとした弱々しい少年だったからこそ、自分を重ねて影響されたのでしょう。レッグミラクルの口コミについて

Continuar leyendo →



シビアで考えさせられる漫画というのは意外と奥深いものです

「キノのトリップ」というマンガと出会ったのは10年ほど手前…キノという乙女(感覚少年)と人語を話すモトラドのトリップのお話。
今時の図表ではなく、少し古風なタッチで描かれた賜物なので正誤はあると思います。
私も実は、ちゃんと見極めるまでは余り好きな図表ではなかったです。
ですが、キノのトリップの仕方やモトラドとの会話、筋道の光景や独特な見方がいい味を醸し出していて至急空理空論している時になりました。
「働かなくて好ましいナショナリズム」や「話さなくても通じ合えるナショナリズム」や「慣習の弱いナショナリズム」など、色々なナショナリズムを旅するのですが どれもこれも不思議なナショナリズムで、働かなくていいのに勤める住民・話さなくても通じ合えるのに誰一人として家事を欠ける住民・慣習がないはずなのに慣習が生じる面に気付いていない住民…その不思議なナショナリズムや住民はどうしてそうなったか?を分かると、とても物すごくなる時があります。
マンガだからサラッと流し見てしまうが、知ろう!とおもう気持ちで見ると その奇跡の一つ一つがどれもこれも私達の身近な生活にあるとおんなじ面に気付くからだ。
例えば、働かなくてよろしいナショナリズムなんて本当にあったとしたら(なんて幸せなナショナリズムなんだろう!)と思ってしまいますが、そちらの住民は実際勤めるのです…それは何故か?
「人はある程度のストレスがないと堕落してしまう、だから仕事をして適度なストレスを与えているのです」
もっともだと思いました。
話さなくても通じ合えるのに、その国の人は誰とも一緒に暮らしていない…それは何故か?
言葉に出さなくても自分の意欲が分かるなんて、好きな人に自分のガッツを根こそぎ伝わるじゃない!と思いますが、
「伝わならくて嬉しい情熱まで伝わってしまう…ダメージ付けたくないのにダメージ付けてしまう」
確かにそうですね、言わなくていい事は言わなくていいんです。
だからこそ「言葉」という賜物があって、それを選び触れる…人間だけにしか無い頼もしい面なのに、それをなくしてしまうのは凄い。

そんな考えさせられるような内容の話ばかりで、今時のマンガよりも嬉しいと感じましたし、多くの人にも見て考えて これからの人いのちを歩んで欲しいな…と思います。婚活サイトで良いサイトは?

Continuar leyendo →